検索
  • 事務局

位置情報マーケティング・サービスの「カオスマップ」を発表

2020年10月6日


国内における位置情報をベースにマーケティング・サービスを展開する企業を中心としたカオスマップを作成しました。


■本カオスマップ作成の背景 位置情報マーケティング・サービス市場は、2010年代後半からユースケースの開発が進んできたこと、多くの企業でDX(デジタルトランフォーメーション)が戦略の中心になってきたこと、位置情報に関連するデータ・分析技術が開発されてきたことで、急速な発展を遂げています。 市場の発展に伴い、位置情報マーケティング・サービスを提供する企業が増加するとともに、一部では淘汰・集約も進んでおります。その結果、業界構造や主要企業などが不明確になっていました。 利用者が施策を選定する際の参考にしていただくことで、より一層の市場活性化に貢献できればとの願いから、本マップを作成いたしました。 ■特徴 マーケターが直接利用するサービス(左側)、消費者とのタッチポイントになるサービス(右側)、マーケター・消費者両者をつなぐ基盤となるサービス(中央)に大別され、計18カテゴリに分類しています。 2020年版の特徴としては以下4点が挙げられます。 1. 新型コロナウイルス感染拡大を受け、状況把握と対策のための位置情報分析を提供する企業が大幅に増加 2. モビリティやスマートシティの世界的進展を支える大手企業の新規参入が進展 3. 位置情報を活用した消費者向けサービス(スマホアプリ等)がゲーム以外にも拡大 4. マーケターと消費者をつなぐ基盤サービス(データプロバイダーやIoTプラットフォームなど)が規模を持つ一部企業に集約 ■お問い合わせ カオスマップはLBMA Japan参加企業を中心に主要企業を調査して独自に作成しており、網羅性や正確性を完全に担保しているものではありません。また、各社のロゴ・サービス名・企業名の使用に問題がある場合には『お問合せフォーム』よりご連絡ください。

1,552回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

LBMA Japanメンバーニュース【6/18配信】

2021年6月18日 隔週で、メンバー各社のニュースをまとめて配信させて頂いております。6/8~18の約2週間分をお知らせ致します。(社名ABC順) ■Agoop ・6/8 『エリア別の人流増減分析』レポートを最新版に更新しました https://www.agoop.co.jp/2021/06/08/18430/ ・6/10 『ニューノーマル時代に向けた経済復興支援分析 都心部の人出変化』レポート

正会員1社が加盟

2021年6月10日 この度、国際航業株式会社 が新たにメンバーに加わりました。これで加盟34社となりました。

6月度・月例情報共有会(オンライン)開催

2021年6月9日 「LBMA Japan月例情報共有会」をオンラインにて開催しました。6月のメンバープレゼンはオプテックス株式会社様に登壇いただき、Breakoutセッションでは今回のテーマに基づき、加盟企業の皆様にディスカッションを行っていただきました。 ※LBMA Japanの本年度のテーマは「共創」です。メンバー間のコラボレーションを推進するため、2021年1月より毎月オンラインにて「LB

2019-10-25 11.05.35.jpg